Vieasリサイズ

ソフトウェアVieas

リサンプル

 状態:-  閲覧数:840  投稿日:2016-08-03  更新日:2016-08-03
平均画素/バイキュービック/ニアレストネイバー/OSの機能を使用(デバイス依存)の内から選択します。


Nearest neighbor⇒Bilinear⇒Bicubicの順でギザギザがなめらかに拡大表示される


Vieasオンラインヘルプ (リサイズ (ツールバー))


結論
・「バイキュービック」が一番綺麗
・「OSの機能を使用(デバイス依存)」は詳細不明

平均画素/

 閲覧数:154 投稿日:2016-08-03 更新日:2016-08-03 

別名で面積平均法とも呼ばれる


ピクセルの面積比を考慮して平均して補間する方法
・得られる画質の割に、処理速度が比較的高速
・拡大した場合、画像によっては最近傍法とほぼ同様となるが、縮小した場合、わずかにぼやけるものの自然で滑らかな画質を取得できる

バイキュービック(BiCubic)法 / 双三次補間

 閲覧数:419 投稿日:2016-08-03 更新日:2016-08-03 

仕組み


変換前エリアの平均値ではなく、その周辺色を計算値として取り入れ色を補完
・4×4ピクセルを用いた重み付け関数により曲線的な補間
・アルゴリズムとしては一番複雑で、処理も大きい
・ニアレストネイバーと比べると遠くまで見る分速度は落ちる


高クオリティな結果が出せる


より滑らかなグラデーションを表現できる
・ぼやけもギザギザも少なく、色々な状況に対応できる

ニアレストネイバー(Nearest Neighbor)法 / 最近傍補間

 閲覧数:169 投稿日:2016-08-03 更新日:2016-08-03 

最近傍補間とか最近隣補間とも呼ばれる


一番シンプルなアルゴリズム
・最も原始的なアルゴリズム
・変更前の座標と、変更後の座標を、ピクセル単位で計算し移動させ、そのピクセルに対して変更前の色を割り当てる

高速でかつ色数が変化しない所が利点だが、その分クオリティは低めでギザギザが目立つ
・文字を含む素材や実写の素材ではあまり使わない方が良い

・色の補完をしないのでドット画などのエッジを保ちたいまま変換させる事に有効


Vieas保存



週間人気ページランキング / 7-17 → 7-23
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 RGB ⇔ Lab | 色変換(色) 53
2 血の色 / #b30000 / #360800 / #ff0000 | 色 26
3 Design 0 23
4 Windows10で「Google Chrome」が常に最前面に表示される。「アクティブウィンドウ」が最前面で表示されない → 解決方法存在しない | Google Chrome(ブラウザ) 17
5 HTML5では、「input 要素」「button 要素」を「フォームタグ」の外で直接記述しても良い | HTML5(HTML) 15
6 HSLとHSVの違い | 色変換(色) 14
7 「マウスオーバー」「ロールオーバー」「ホバー」の違い | CSS 13
8 「bgcolor」「background-color」「background」の違い | CSS 12
8 「CSSキーフレームアニメーション」実行後のCSS設定 | アニメーション 12
9 RGBの種類 / ビットカラー | RGB(色) 11
10 画面キャプチャ | Chrome 拡張機能(ブラウザ) 9
11 「overflow」効果を打ち消すスタイルシートは、「overflow: auto;」 8
11 「:hover」「z-index」を組み合わせて使用すると、正常動作しないことがある | z-index(CSS) 8
11 Chrome でキャッシュを効かさない | Google Chrome(ブラウザ) 8
12 16進数カラーコード / 2進数 7
12 コズミックブルーが何色か分からない | 色 7
13 使用していないCSSをチェックする、標準的な方法を知りたい | CSS 6
13 100/7%ではなく100%/7。(100/7)%ではなく(100%/7) | CSS 6
13 グラデーション練習 | Fireworks 8(Fireworks) 6
13 「属性」「プロパティ」「アトリビュート」の違い | CSS 6
2021/7/24 1:01 更新