「Midjourney」を使用してみた感想。2022 年 8 月 2 時点では、画像生成能力自体は素晴らしいと思いますが、UIが致命的に分かりづらかったです。

AI画像生成

目次一覧

 状態:-  閲覧数:244  投稿日:2022-08-02  更新日:2022-08-22
実際に使用してみた後の感想 / 作成例 / 「分かりづらかった点」もしくは「最後まで分からなかった点」

実際に使用してみた後の感想 / 作成例 / 「分かりづらかった点」もしくは「最後まで分からなかった点」

 閲覧数:50 投稿日:2022-08-02 更新日:2022-08-02 

実際に使用してみた後の感想


2022 年 8 月 2 時点
・画像生成能力自体は素晴らしいと思いますが、UIが致命的に分かりづらいです。それこそイライラするレベルです。個人的にはギリギリアウトな感じです。
DALL·E 2 - OpenAIと比較すると、生成画像は、よりイラスト要素が強いと感じました。

注意点
・UIが致命的に分かりづらいため、基本的な動作確認ができるまでものすごく時間がかかります。
・時間がない時には試さないほうが良いと思います。※今、3:24です。

これから使用するの?
実際に試してみてテンションが上がったのは事実ですが、UIが改善されるまで、私は触る気になれません。
全イラストにとって代わるものではありませんが、特定のタッチのイラストには非常に有効だと思われます。

作成例


/imagine
--w 1080 --h 1920 Gorgeous Japanese female young aasimar paladin, angel wings, pale skin, Black hair, turquoise eyes, golden halo, wearing a decorated silver breastplate, heavy mace in hand, ethereal, symmetrical facial features, highly ornate details, D&D, 8k, full hd render, trending on artstation, hyperrealistic, octane render, fine art portrait, highly ornate details








「分かりづらかった点」もしくは「最後まで分からなかった点」


ログインするまで
最初にこのdiscord画面で「Midjourney」の招待を受ける必要があります。

デスクトップアプリは必須なの?
デスクトップアプリをインストールしなくても、動作確認をすることはできます。
インストールすれば、もしかしたらUI改善されたかもしれませんが、私の環境では、インストールできませんでした。理由は不明です。とても疲れたので、エラーメッセージも覚えていません。

マイページ機能はないの?
自分が投稿した画像を探すのにとても苦労します。
生成結果画像の「解像度を上げたり」「パターンを追加する」度に、一番下に新たに画像が投稿される仕様です。
件数が少なければ何の問題もないかもしれませんが、ものすごく投稿件数が多いため、投稿が流れてしまい、自分が生成した画像を探すのがとても大変です。

画像は別URL
何も考えず画像を開くと、元の画面へ戻れなくなったりします。
新しいタブで開いたり、戻るときは何もないところをクリックしたり、説明されていない問題点を回避するテクニックが必要です。


「DALL·E 2 - OpenAI」を使用してみた感想。2022 年 7 月 31 時点では、デザイン実務に耐えられるレベルではないと思いました。

StableDiffusionのweb版「DreamStudio」を使用してみた感想。それなりに楽しめましたが、課金してまで使用してみたいとは思いませんでした。



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 「DALL·E 2 - OpenAI」を使用してみた感想。2022 年 7 月 31 時点では、デザイン実務に耐えられるレベルではないと思いました。 41
2 StableDiffusionのweb版「DreamStudio」を使用してみた感想。それなりに楽しめましたが、課金してまで使用してみたいとは思いませんでした。 36
3 「Fireworks」後継として「Gravit Designer」を使用していくことを一度は決定したが、2022 年時点で入手可能なソフトウェアは日本語入力未対応  34
4 「Aptana Studio 3.0.8」を使ってみた感想 33
5 「:hover」「z-index」を組み合わせて使用すると、正常動作しないことがある 33
6 作成した素材がどうしても見つからないときは、「png形式」を疑ってみる 32
7 GIMPで「レイヤーとして開く」を選択した画像、の位置情報(x,y)を表示させる方法が分からない 30
8 デフォルトの「Google Chrome」ではURL欄にwwwが表示されないため、「Microsoft Edge」を使用する 30
9 「文春オンライン」に掲載されている画像を「Google Chrome」ブラウザでダウンロードするためには、chrome拡張機能「Absolute Enable Right Click & Copy」を使用します。 29
10 「パッケージ化されてない拡張機能を読み込む」でインストールした拡張は、chromeを「更新」すると正常動作しなくなることがあります。 29
11 BlueGriffonを使ってみた感想 29
12 ChromeでTwitter画像をクリックした際、拡大(原寸画像以上)表示しないようブラウザ側で指定するため、Chrome 拡張機能「Stylus」を使用しました。 29
13 「Create Link」代替拡張機能を探した結果は、「CopyTabTitleUrl」でした。 28
14 Illustrator で文字を見た目通りSVG出力するためには、「アウトライン作成」処理が必要 28
15 「z-index」が効かない時は「-1」を指定してみる 28
16 CSSだけで、任意の要素に配置した画像を画面一杯に表示することは、基本的には出来ない。「img src」「背景画像」「div要素」何れの場合でも。可能なのは、特殊な要件が重なった場合だけ 28
17 「Google Chrome」タブをグループへ追加すると、そのタイミングでグループは自動的に開かれてしまいます。開かないようにすることはできません 28
18 「Google Chrome」履歴一覧から、複数履歴を選択して一度に開くことはできません。バージョン: 94.0.4606.81(Official Build) (64 ビット) 27
19 ページで使用されている「id名」「class名」をChromeで取得したい   27
20 「Twitter Bootstrap」導入したらおかしくなった時、試した方がよいかもしれないこと 27
2023/2/05 6:58 更新
週間人気ページランキング / 1-29 → 2-4
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 RGB ⇔ Lab | 色変換(色) 49
2 「マウスオーバー」「ロールオーバー」「ホバー」の違い | CSS 38
3 「bgcolor」「background-color」「background」の違い | CSS 34
4 血の色 / #b30000 / #360800 / #ff0000 | カラーコード(色) 25
5 RGBの種類 / ビットカラー | RGB(色) 20
6 「属性」「プロパティ」「アトリビュート」の違い | CSS 18
6 Design 0 18
7 「東京都」のカラーコード取得は難しい | カラーコード(色) 17
8 金融機関ブランドカラー / コーポレートカラー | カラーコード(色) 16
9 「Chrome拡張機能」開発中に遭遇したエラー | Chrome 拡張機能 15
9 Chrome でキャッシュを効かさない | Google Chrome(ブラウザ) 15
10 「Font Awesome 4」と「Font Awesome 5」の違い(Font Awesome バージョン4からのアップグレード) | Font Awesome(フォント) 14
11 「:hover」「z-index」を組み合わせて使用すると、正常動作しないことがある | z-index(CSS) 13
11 「Bootstrapデザイン」✕「グラフ」 | 2系(Bootstrap) 13
11 「:after擬似要素」は、Chromeの「要素を検証」で確認できない | 擬似(CSS) 13
11 ICCプロファイル | カラーマネージメント(色) 13
11 HSLとHSVの違い | 色変換(色) 13
11 Windows10で「Google Chrome」が常に最前面に表示される。「アクティブウィンドウ」が最前面で表示されない → 解決方法存在しない | Google Chrome(ブラウザ) 13
12 max-width: 100%の効果を打ち消すには、max-width: none; | CSS 12
13 GIMPで「レイヤーとして開く」を選択した画像、の位置情報(x,y)を表示させる方法が分からない | GIMP 系(ソフトウェア) 11
2023/2/5 1:01 更新