「DALL·E 2 - OpenAI」を使用してみた感想。2022 年 7 月 31 時点では、デザイン実務に耐えられるレベルではないと思いました。

AI画像生成

目次一覧

 状態:-  閲覧数:119  投稿日:2022-07-31  更新日:2022-08-22
「DALL·E 2 - OpenAI」概要 / 実際に使用してみた当初の感想 / 作成例

実際に使用してみた後の感想 / 個人的には / これから使用する?


「DALL·E 2 - OpenAI」概要 / 実際に使用してみた当初の感想 / 作成例

 閲覧数:44 投稿日:2022-07-31 更新日:2022-07-31 

「DALL·E 2 - OpenAI」概要


登録まで
SMS 認証があるため、電話番号の入力が必要

初月
50 回まで無料

翌月以降
毎月 15 回分のクレジットが発行される

実際に使用してみた当初の感想


使用方法は 2 種類
・画像アップロード
・テキスト入力

画像アップロード
・最初に試そうとしたが、「DALL·E 2 - OpenAI」側で使用することもある、みたいなことを英語で警告表示されたので、パブリックドメイン画像しかアップロードしなかった
・実際に試してみた感想としては、現時点では「おもちゃ」機能。元画像にエフェクトを追加してくれるが、画質は大幅に劣化される気がする。

テキスト入力
・「日本語」ではなく「英語」入力した方が、より正確に結果を反映してくれる。

作成例


日本語を入力した結果


上記を英訳したテキストを入力した結果


















実際に使用してみた後の感想 / 個人的には / これから使用する?

 閲覧数:50 投稿日:2022-07-31 更新日:2022-07-31 

実際に使用してみた後の感想


2022 年 7 月 31 時点では、デザイン実務に耐えられるレベルではないと思いました。
上記作成例だけを見て「おっいいかも、自分もやってみよう」と思うかもしれませんが、デザイン系の方が試すのは、個人的にはお勧めしません。

AIと言っても
一口にAIと言っても無から画像を生み出すわけではありません。
入力されたテキストから画像を生成するわけですが、体感的には、入力されたテキストから過去の類似画像を探し出してきて、それらを合成出力しているイメージが強いです。
そのため、過去データがない(もしくは少ない)キーワードが含まれたテキストを入力しても、期待した画像を生成できません。

作成例について
約 1 時間かけ、23 回作成チャレンジした中で、個人的にうまくいったと思われる画像 9 枚だけを厳選して掲載しています。
気に入らなかった画像はかなりの数に上りますし、23 回作成したのでとても疲れました。
※掲載画像は縮小しているため気にならないかもしれませんが、原寸だと使用を躊躇うような出来の画像も多かったです。

「DALL·E 2 - OpenAI」画像生成が疲れる、と感じた理由
偶然の生成要素が強いと感じました。
何回か試すと気に入った画像生成できることがあるのですが、そこから先へ進めません。※ちょっとテキストを変えただけで、その気に入った顔画像とまったく異なる顔画像が生成されてしまいます。
一応「バリエーションボタン」も用意されているのですが、試しても劣化した画像が表示されるだけでした。
生成した画像をベースにして、さらにテキストを追加する機能があればよいのにな、と思いました。

個人的には


個人的には、「DALL·E 2 - OpenAI」より以前使用したことがある顔画像作成Webサービス(名前は忘れました。思い出したら追記します)の方がすごいと思います。
ただ、将来性は間違いなくありそうなので、日本語に対応したデータセットがもっと増加した頃にはきっと素晴らしいサービスになるだろう、と思いました。

これから使用する?


「DALL·E 3 - OpenAI」がリリースされるまで、私は多分、試さないと思います。面白いけれども、かかる労力と結果が見合っていないと感じたからです。
「現実にありそうだけれども実際には存在しない画像」を生成したい方には向いているかもしれません。


「Midjourney」を使用してみた感想。2022 年 8 月 2 時点では、画像生成能力自体は素晴らしいと思いますが、UIが致命的に分かりづらかったです。



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 「Midjourney」を使用してみた感想。2022 年 8 月 2 時点では、画像生成能力自体は素晴らしいと思いますが、UIが致命的に分かりづらかったです。 41
2 StableDiffusionのweb版「DreamStudio」を使用してみた感想。それなりに楽しめましたが、課金してまで使用してみたいとは思いませんでした。 32
3 「レイアウト崩れ」がどうしても解決しない → Chrome「デベロッパーツール」で怪しいと思った要素を、正常表示されるまで削除し続けていく 31
4 Chrome「39.0.2171.95 m」でデザインが崩れる 30
5 「パッケージ化されてない拡張機能を読み込む」でインストールした拡張は、chromeを「更新」すると正常動作しなくなることがあります。 30
6 「z-index」が効かない時は「-1」を指定してみる 30
7 「Fireworks」後継として「Gravit Designer」を使用していくことを一度は決定したが、2022 年時点で入手可能なソフトウェアは日本語入力未対応  29
8 デフォルトの「Google Chrome」ではURL欄にwwwが表示されないため、「Microsoft Edge」を使用する 29
9 作成した素材がどうしても見つからないときは、「png形式」を疑ってみる 29
10 「Aptana Studio 3.0.8」を使ってみた感想 29
11 「:hover」「z-index」を組み合わせて使用すると、正常動作しないことがある 29
12 「文春オンライン」に掲載されている画像を「Google Chrome」ブラウザでダウンロードするためには、chrome拡張機能「Absolute Enable Right Click & Copy」を使用します。 29
13 Braveインストールしてみたけれども、全ての広告を必ず非表示に出来るわけではないみたい 29
14 「Google Chrome」タブをグループへ追加すると、そのタイミングでグループは自動的に開かれてしまいます。開かないようにすることはできません 29
15 textareaを手動リサイズできない時は、ブラウザを落としてみる 28
16 「Google Chrome を起動後、100%の確率で3分以内に落ちる」場合は、アンインストール後インストールし直すしかない 28
17 複数CSSファイルを、PHPを利用して1ファイルにする。~ 2018年 28
18 「使用できるソケットを待機しています」はクライアント側の問題? 27
19 GIMPで「レイヤーとして開く」を選択した画像、の位置情報(x,y)を表示させる方法が分からない 26
20 要素。width と height 属性を指定しなかった場合、(内容のいかんに関わらず)幅 300 ピクセル、高さ 150 ピクセルで表示される 26
2023/2/05 6:25 更新
週間人気ページランキング / 1-29 → 2-4
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 RGB ⇔ Lab | 色変換(色) 49
2 「マウスオーバー」「ロールオーバー」「ホバー」の違い | CSS 38
3 「bgcolor」「background-color」「background」の違い | CSS 34
4 血の色 / #b30000 / #360800 / #ff0000 | カラーコード(色) 25
5 RGBの種類 / ビットカラー | RGB(色) 20
6 「属性」「プロパティ」「アトリビュート」の違い | CSS 18
6 Design 0 18
7 「東京都」のカラーコード取得は難しい | カラーコード(色) 17
8 金融機関ブランドカラー / コーポレートカラー | カラーコード(色) 16
9 「Chrome拡張機能」開発中に遭遇したエラー | Chrome 拡張機能 15
9 Chrome でキャッシュを効かさない | Google Chrome(ブラウザ) 15
10 「Font Awesome 4」と「Font Awesome 5」の違い(Font Awesome バージョン4からのアップグレード) | Font Awesome(フォント) 14
11 「:hover」「z-index」を組み合わせて使用すると、正常動作しないことがある | z-index(CSS) 13
11 「Bootstrapデザイン」✕「グラフ」 | 2系(Bootstrap) 13
11 「:after擬似要素」は、Chromeの「要素を検証」で確認できない | 擬似(CSS) 13
11 ICCプロファイル | カラーマネージメント(色) 13
11 HSLとHSVの違い | 色変換(色) 13
11 Windows10で「Google Chrome」が常に最前面に表示される。「アクティブウィンドウ」が最前面で表示されない → 解決方法存在しない | Google Chrome(ブラウザ) 13
12 max-width: 100%の効果を打ち消すには、max-width: none; | CSS 12
13 GIMPで「レイヤーとして開く」を選択した画像、の位置情報(x,y)を表示させる方法が分からない | GIMP 系(ソフトウェア) 11
2023/2/5 1:01 更新