「css3-mediaqueries-js」と「Respond.js」の違い

レスポンシブレスポンシブ画像

 状態:-  閲覧数:4,196  投稿日:2012-02-09  更新日:2013-04-03
「css3-mediaqueries-js」と「Respond.js」の違いについて調べたけどよく分からなかったので、自分の環境で試した結果についてメモ

「css3-mediaqueries-js」… IE9レスポンシブ対応
「Respond.js」… IE8/9レスポンシブ対応

結論


IE9だけレスポンシブ対応するなら「css3-mediaqueries-js」。IE9+IE8以下もレスポンシブ対応にするなら「Respond.js」
ちなみに、両方設置すると、IE8/9何れでも反映される
※コードを確認したわけではなく、あくまでも自分の環境で試した結果に基づく
※「Respond.js」は、IE9記載こそないが、GitHubには以下の記載もある
CSS3 Media Queries (for IE 6-8, and more)

■「css3-mediaqueries-js」公式ページ
css3-mediaqueries-js - css3-mediaqueries.js: make CSS3 Media Queries work in all browsers (JavaScript library) - Google Project Hosting


■「Respond.js」公式ページ
scottjehl/Respond - GitHub



ところで、速度的にどうなのよ? とか、
そもそも、メディアクエリでレスポンスして何が楽しいの? ユーザーエージェントでちゃんと振り分けようよ、とか
その辺りは、未考慮……

いずれにしても、やってて思ったのは、こんなのIE6スターハックみたいな、ホントに一時しのぎの技だと思われ。
調べれば調べるほど頭こんがらがってくるし、
ましてや、調べた…、いや、もう終了ー

P.S.
23:43 上記とは別のデザインのレスポンシブサイトを、IE8で見たら、どちらを使っても、また両方併用しても、正常に機能しなかった。
<結論>IE8だと、レスポンシブがうまくいかないときがある。そんなときは、大人しく諦めよう……


CSS3-mediaqueries.jsは、@ importスタイルシートに記述した内容を反映しない

画面幅に応じて取得ディレクトリパスを変更したい



週間人気ページランキング / 7-21 → 7-27
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 RGB ⇔ Lab | 色変換(色) 47
2 画面キャプチャ | Chrome 拡張機能(ブラウザ) 32
3 血の色 / #b30000 / #360800 / #ff0000 | 色 30
4 Windows10で「Google Chrome」が常に最前面に表示される。「アクティブウィンドウ」が最前面で表示されない → 解決方法存在しない | Google Chrome(ブラウザ) 26
5 RGBの種類 / ビットカラー | RGB(色) 17
6 「属性」「プロパティ」「アトリビュート」の違い | CSS 16
7 「マウスオーバー」「ロールオーバー」「ホバー」の違い | CSS 15
7 HSLとHSVの違い | 色変換(色) 15
8 使用していないCSSをチェックする、標準的な方法を知りたい | CSS 14
9 Design 0 12
9 「Bootstrapデザイン」✕「グラフ」 | 2系(Bootstrap) 12
10 「bgcolor」「background-color」「background」の違い | CSS 10
11 「:hover」「z-index」を組み合わせて使用すると、正常動作しないことがある | z-index(CSS) 9
12 親要素の背景色を、CSSで打ち消したい | CSS 7
12 「overflow」効果を打ち消すスタイルシートは、「overflow: auto;」 7
12 キャラクター無料着せ替えジェネレーター Rinmaru Games / オンラインサービス | イラスト素材(デザイン) 7
13 Chromeブックマークの不満な点 | Chromeブックマーク(ブラウザ) 6
13 100/7%ではなく100%/7。(100/7)%ではなく(100%/7) | CSS 6
13 ログイン 6
13 グラデーション練習 | Fireworks 8(Fireworks) 6
2021/7/28 1:01 更新