検索エンジンなら画像掲載はOKなの?

画像画像著作権

目次一覧

 状態:-  閲覧数:1,334  投稿日:2015-12-31  更新日:2020-02-04
グレー(と思われる)手法が横行している理由

-

 閲覧数:226 投稿日:2020-02-04 更新日:2020-02-04 
グレー(と思われる)手法が横行している理由

goo画像検索の著作権 / 検索エンジンなら画像掲載はOK?


■A
・下記コンテンツページでは、画像引用表示を「画像:goo画像検索」と明記しています。
昔の写真がイケメンすぎて驚いた60歳以上の男性芸能人ランキング - gooランキング


■B
・クリックすると、リンク先は下記ページとなっています。
[草刈正雄]の検索結果 - goo検索


■C
・さらにクリックすると、例えば、下記表示となります
元ページ: 指定されたページは存在しません - NAVER まとめ
画像のURL:http://marcome.img.jugem.jp/20070918_251610.jpg

■質問1
・通常であれば、一番上のコンテンツページAで、引用元を明記すべきだと思うのですが、実際の引用は自社関連ページのBを指定しています。
・この方法は著作権的に問題ないのでしょうか?
※法律的に問題がないのなら、同じ手法でサービスを展開する予定です

■質問2
・Bページでは、著作権を表示せず、リンク先で引用元を明示しています。
・この方法は著作権的に問題ないのでしょうか?
※法律的に問題がないのなら、同じ手法でサービスを展開する予定です

■質問3
・Cページでは、主に「まとめサイト」から画像を引用しています
・元画像サイトから引用しなくても良い?
・この手法が許されるのであれば、延々と画像引用ロンダリングの連鎖が続いてしまうと思うのですが

■質問4
・上記に関連して、引用元「まとめサイト」が画像を削除しても、Cページでは画像を掲載し続けています
・引用元が画像を削除しても、掲載し続けても著作権的には問題ないのでしょうか?
・また、その場合、消失しているページへリンクを張り続ける必要はあるのでしょうか?

■質問5
・Google画像検索でもそうですが、「画像は著作権で保護されている場合があります」と書いておけば画像を掲載しても、著作権的に問題ないのでしょうか?
・それともサイトだから駄目?
・検索エンジン風なコンテンツにすれば、著作権的には問題ないのでしょうか?

■質問6
・Youtubeでは、著作権的に問題があるコンテンツもたくさんあると思うのですが、随時削除対応していけば、サービス自体の運用は問題ないのでしょうか?
・つまり、法律的な考え方としては、削除対応していけば良いのであって、投稿事前に著作権を確認する義務はない、という解釈でしょうか?



第1回 「検索エンジン」と著作権:ネットサービスと著作権のしくみ
Google画像検索でGoogleが著作権侵害にならない


「Public domain」と「Public Domain Dedication (CC0)」

画像ライセンスは大きく3種類に分かれる。「All rights reserved」+「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」+「その他」



週間人気ページランキング / 1-29 → 2-4
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 RGB ⇔ Lab | 色変換(色) 49
2 「マウスオーバー」「ロールオーバー」「ホバー」の違い | CSS 38
3 「bgcolor」「background-color」「background」の違い | CSS 34
4 血の色 / #b30000 / #360800 / #ff0000 | カラーコード(色) 25
5 RGBの種類 / ビットカラー | RGB(色) 20
6 「属性」「プロパティ」「アトリビュート」の違い | CSS 18
6 Design 0 18
7 「東京都」のカラーコード取得は難しい | カラーコード(色) 17
8 金融機関ブランドカラー / コーポレートカラー | カラーコード(色) 16
9 「Chrome拡張機能」開発中に遭遇したエラー | Chrome 拡張機能 15
9 Chrome でキャッシュを効かさない | Google Chrome(ブラウザ) 15
10 「Font Awesome 4」と「Font Awesome 5」の違い(Font Awesome バージョン4からのアップグレード) | Font Awesome(フォント) 14
11 「:hover」「z-index」を組み合わせて使用すると、正常動作しないことがある | z-index(CSS) 13
11 「Bootstrapデザイン」✕「グラフ」 | 2系(Bootstrap) 13
11 「:after擬似要素」は、Chromeの「要素を検証」で確認できない | 擬似(CSS) 13
11 ICCプロファイル | カラーマネージメント(色) 13
11 HSLとHSVの違い | 色変換(色) 13
11 Windows10で「Google Chrome」が常に最前面に表示される。「アクティブウィンドウ」が最前面で表示されない → 解決方法存在しない | Google Chrome(ブラウザ) 13
12 max-width: 100%の効果を打ち消すには、max-width: none; | CSS 12
13 GIMPで「レイヤーとして開く」を選択した画像、の位置情報(x,y)を表示させる方法が分からない | GIMP 系(ソフトウェア) 11
2023/2/5 1:01 更新